大船渡のいいところ

海と山に囲まれた町大船渡の地域情報を発信

大船渡 イベント 大船渡 佐々木朗希 大船渡 東日本大震災 大船渡 観光

大船渡市越喜来地区、地域総参加型イベント「未来を灯(とも)そう~越喜来3・11~」と2月の佐々木朗希投手

投稿日:

3月といえば?
プロ野球開幕戦で御座います(笑)
現在キャンプを終えオープン戦真っただ中のプロ野球ですが、個人的な注目選手はなんといっても大船渡のスター、千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手で御座います。


入団一年目である去年は、体作りメインの練習となり実戦登板することなくシーズンを終えた佐々木朗希投手ですが、今年はブルペンに入ったり、バッティングピッチャーとして投げたり、キャンプから快調に飛ばしているようです。
現在行われているオープン戦では、3月12日か13日の対中日戦で登板するかもしれない、という情報となっております。
去年一年みっちり体を作り、一回りも二回りも大きくなった超大型ルーキー佐々木朗希投手は今期の活躍が大注目されています。
ロッテの今年のスローガンは「この1点をつかみ取る」
そんな2年目の彼が2月、どんな日程をこなしてきたのかまとめてみました。

2月の佐々木朗希投手

2月1日 ブルペン入り

第1クール初日。
沖縄県石垣市で春季キャンプをスタート。
1軍キャンプ初のブルペン入りし、捕手を立たせて37球を投じた。
この時の様子がこちら↓

2月3日 ブルペン入り

捕手を座らせて計33球を投げ込んだ。そのうちストライクは15球。
佐々木投手は、「多少疲れがある中で体をうまくコントロールできなかった。まだまだダメでした。納得のいくボール?ゼロです」と、自身の投球を厳しく振り返ったそうです。

2月6日 プールトレーニング

第2クール初日。
午前中はチーム本隊を離れ、プールトレーニング。球場入り後は、軽めのキャッチボール、ランニングなどをこなした。

2月7日 調整

キャッチボール、遠投などで調整。
室内で吉井コーチのアドバイスを受けながら投球練習は平地で捕手を立たせ、変化球を交えながらフォームを確認するように1時間以上の投球練習を行った。
投内連係では軽快に投ゴロをさばき、あざやかに一塁へトス。チームメートから「ナイスボール」との声が上がったそうです。

2月8日 ブルペン入り

捕手が膝をついた状態で20球、直球のみを丁寧に投じた。
この日はインタビューにも応じる。
「去年はボールより体に力が入ってちょっと間違った方向に行きかけてた。今はボールに伝える必要な分だけ、なるべく消耗少なく投げられるようにしている」とフォームの変化に言及。

2月11日 ブルペン入り

1軍練習試合には帯同せず、キャンプ残留とし2軍で調整。プルペン入り。
今回は座らせて30球。「回数を重ねるにつれて良くなっている感覚はあるので、このまま順調にやっていきたい」とうなずいた。
力強い直球に加え、変化球もキャンプで初めて解禁。
この時の投球がこちら↓

2月19日 打撃投手に登板

5球交代のフリー打撃に登板し、平沢に10球、山本斗にも10球、西川に5球。5分間で計25球を投げた。
「打者相手に投げるのは今年初めてだったので、感覚を確かめること、そしてストレートをしっかりと投げ切ることを意識しました。できた部分とできなかった部分が自分の中ではっきりしたので、悪かった部分を修正して次に生かしたいと思います」と振り返ったそうです。

2月24日 シート打撃に登板

昨年5月下旬以来となる実戦形式で、打者4人に対して計17球、1安打、2三振を奪い、最速149キロを計測
「今日は久しぶりの実戦形式という事で自分のボールに対して打者がどのような反応をするのかを見たいと思っていました。あと、どれだけストライクゾーンで勝負できるかも意識しました。前回のフリー打撃に登板した時よりもしっかりとボールをコントロールしながら投げることができたと思います。まだ高めに浮いた球もあったので修正しながら次に生かしたいと思います。」
と話したようです。

2月はここまで。

プルペン入りからシート打撃登板まで行うなど、着実にプロ初となるマウンドに向かっている様子で、デビュー登板は3月12日か13日、ZOZOマリンスタジアムでの登板が予定とされています。
大船渡の思いをのせて更なる飛躍を期待しております。

頑張れ!佐々木朗希!

お次はこちら

地域総参加型イベント「未来を灯(とも)そう~越喜来3・11~」

間もなく東日本大震災から10年を迎える3.11
大船渡市三陸町越喜来(おきらい)では3月7~11日に三陸公民館近くの道路沿いなどで灯籠が点灯するなど、地域参加型のイベントが行われます。
6~11日に旧越喜来中体育館で写真展、7日は浦浜念仏剣舞と金津(かなつ)流浦浜獅子躍の両保存会による供養祭が行われる予定です。

鎮魂の思いを込めた住民手作りのペットボトル灯籠が集まり始め、温かな光を発し本番は1500本を地区中心部に並べ、あの日からの歩みを振り返る予定となっています。


想像も絶するほどの津波が襲ってきた越喜来地区。
自身でもよく通った3階建ての三陸公民館は2階まで浸水し爪跡を残すなど、現在でも津波の怖さを知ることが出来る建物の一つです。
イベント当日は、鎮魂の意を表し、復興が進む越喜来という街並みを見ながら未来を想像してみてはいかがでしょうか。

併せて越喜来地区の未音崎(みねさき)湾望台と「夫婦松」もご覧ください。

大船渡にある夫婦の聖地「夫婦松」

東日本大震災で被害に合った越喜来地区にかつて存在した夫婦松。

被災により片方の松が折れてしまい、その後、越喜来湾の修築にあたり撤去されてしまいました。

この夫婦松のあった場所に建設されたのが​未音崎(みねさき)湾望台です。

この地域が未来までも発展させる思いを込めて建設。

設置されている石に夫婦の名前と願いを記入し置いてみて下さい。

夫婦の願いがかなえられますよ。

湾望台から砂浜へと続く階段をおりると、夫婦松をしのぶ公園があり波音のBGMも相まって、ここを訪れると不思議と心が洗われます。


聖地「夫婦松」/未音崎(みねさき)湾望台

所在地/〒022-0101 岩手県大船渡市三陸町越喜来沖田

 

-大船渡 イベント, 大船渡 佐々木朗希, 大船渡 東日本大震災, 大船渡 観光

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大船渡市民会館で三陸と世界をつなぐ「食」のキャラバン「三陸国際ガストロノミー会議2020」と年に一度のAmazonプライムデー!

本日はGotoトラベルの話題から参ります。 つい先日開始されたGotoトラベルが早くも制限がかかる事態となっています。 旅行代金が最大半額になる Go To トラベルは、旅行代金の 15% 相当が地域 …

コロナをぶっ飛ばせ!外遊び!大船渡のお隣陸前高田の「わんぱくの森」と箱根山展望台とフライパンのカレー

不急不要の外出を控えなければいけない昨今ですがいい加減気が滅入ってきますね。 大人でもストレスが溜まるんですから子供はもっとストレスを抱えているはず。 少しずつではありますが、世の中の動きに合わせて外 …

大船渡まちもり大学と大船渡の牡蠣【令和の怪物】が食べられる上板橋の『鉄板酒処はな家』

なんとも怖いニュースが飛び込んできました。 近年大々的に報道されている煽り運転のニュースです。 これだけ煽り運転は危険!という認識が大々的に流布される中での「またか」なニュース。 個人的にはまだあるん …

大船渡市盛町の七夕まつりとアマタケの南部どり

大船渡市盛町の七夕まつり 一般的には7/7が七夕となっていますが大船渡の七夕は8/6.7です。 全国的にも各地域で7月に七夕イベントが行われる地域と、8月に七夕イベントが行われる地域にわかれるみたいで …

大船渡市市民活動支援センターが発信【子育て】発達障害と早期療育。と「ぬくもり工房木の香」

今日は子育ての話題からいきましょう。 現在では医学の進歩もあり、昔ではわからなかったことがどんどん解明され、様々な分野で解明スピードが上がってきています。 例えば、発達障害。 発達障害にも様々な種類が …

カテゴリー