大船渡のいいところ

海と山に囲まれた町大船渡の地域情報を発信

大船渡 グルメ 大船渡 宿泊

大船渡の老舗旅館。こだわり料理が自慢の「菊水館」

投稿日:

僕が子供の頃、大船渡のメインストリートといえば大船渡駅前、おもちゃのぶかわとかのあたりからマイヤのあった通りがメインでした。その昔マイヤの隣には千葉久というデパートもあったんですよ。

大船渡にお住いのみなさんは懐かしい風景かと思います。懐かしいですよね。
昔はこのあたりに旅館やホテルが集まっていてイベントがあるとどこの駅前の宿泊施設は満室になるなど賑わいを見せていました。
年に一回ある花火大会の時はこの通りが渋谷のスクランブル交差点のようになります…(笑)
でも侮るなかれ、大船渡は駅から離れた場所にも穴場の旅館や民宿がたくさんあるんです。

今日は大船渡駅前から少し離れた場所にある旅館「菊水館」をご紹介します。

コスパ最強!安く宿泊できて美味しい料理が食べられる「菊水館」

大船渡駅前の通りを盛方面に進行するとNTT東日本大船渡ビルが右側に見えてきます。
白い大きなビルですね。
そのビルの手前を左折し線路を越え1本目を右に曲がると「菊水館」があります。

外観は黒を基調とした建物でシックでモダン、高級感があり綺麗な印象を見た目で教えてくれます。
東日本大震災で被災し大きな被害に遭いましたが2013年に復活。


地産のこだわり料理が自慢で、海の幸をメインに愛情ぼこもった料理を提供、1人5000円と最高にリーズナブルな宿泊料で営業を再開されています。

館内は2013年に新築されたばかりということもあり、清潔感に溢れ明るいロビー。

広すぎず落ち着いて、まるで実家に帰ってきたかのような感覚になるお風呂。

客室は和室をベースに広いタイプのお部屋から、ビジネスマン向けのお部屋、バリアフリーのお部屋まで。

 

【本日の大船渡グルメ】菊水館の一番の目玉は夕食、朝食のお料理です。

おそらく季節ごと、その日に仕入れられた食材によってメニューは変わってくると思いますが、どの料理も菊水館の「おもてなし」がびしびしと伝わってきて、非常に満足の出来るボリューミーな食事が楽しめます。

夕食では…

大船渡の代名詞ともいえるさんまに、海のお宝を詰め込んだお鍋

高級魚である鯛の漬けにサクサク美味しい天ぷらに刺身

海のお宝いくらにウニ、男はみんな大好き!焼肉

朝食では…

朝の大定番、鮭と玉子焼きにまるでお母さんの味噌汁?!と思えるくらい口にしっくりくる美味しい味噌汁。

などなど大船渡の美味しいを丸ごと詰め込んだ愛情たっぷりのお料理は、鬼リピート連泊確定です。

 

仕事で疲れた心と体を「菊水館」は「おかえりなさい」と迎えてくれます。

美味しい料理を沢山食べて、お風呂で疲れを癒しゆっくり寝て明日も頑張ろう。
旅館はこれくらいシンプルなほうがいいんです。
そんな人におすすめな「菊水館」
非常にリーズナブルな宿泊代金なのでビジネスマンや、シンプルな宿泊が好みな方は是非宿泊してみてください。

-大船渡 グルメ, 大船渡 宿泊

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大船渡VS盛岡四高!佐々木朗希の奪三振ショーとホームラン

大船渡4-2盛岡四高 3戦目突破!! 高校野球岩手大会:大船渡4-2盛岡四高 この記事を書いている7/26時点で既に大船渡は負けていますが、輝かしい軌跡としてここに戦闘内容を記載致します! ベスト8を …

大船渡の新聞社「東海新報社」と「コロナウイルス」とSANENのモーニングサンドイッチ

大船渡とヘリコプターとパジェロとお酒をこよなく愛した鈴木英彦社長 2020年1月28日「東海新報社」の鈴木英彦社長が亡くなられました。 3年前に大腸がんを患い信じられないくらいの回復力で現場へ復帰した …

佐々木朗希選手が活躍するU18とグルメ情報。本日は大船渡のラーメン専科。

大船渡のスーパーヒーロー佐々木朗希選手が活躍する第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 試合期間は2019年8月30日~9月8日で、本日は9月1日の日本VSアメリカ、9月2日の日本VS …

大船渡のうに!と教育の現場はコロナで何を学んだのか?

2月後半から騒ぎ始めたコロナ騒動、世間的には既に「コロナ自粛お疲れ様モード」ですが世論的にはどうなんでしょう? 僕はまだまだ気が抜けない感じで戦々恐々過ごしています。 緊急事態宣言で子供達は学校が休み …

【大船渡グルメ】ビールの季節!大船渡市産サンショウを使用した三陸ビール「恋するセゾン」

まだ肌寒い日がありますが、梅雨を越えれば夏が到来!夏といえば!? そう!ビールで御座います。 暑い日に飲むビールは本当に格別で「生きててよかった~」と思える程至福の時間であります。 僕はビールは「プレ …

カテゴリー